心的外傷

「身体に受けた傷」と「心に受けた傷」

もし、貴方がいきなり他人に身体を殴られたとしたら、顔が傷がつくかも知れないし、頭から血が出るかも知れません。完治する迄に数日間〜数週間掛かるかも知れません。

では、心を激しい暴言で殴られたらどうでしょうか? 貴方の存在価値を虫より無いと否定されたら? 相手が心を殴ったと言う実体はすぐに消えてしまいますから「多少傷付いても病院には行かなくて良いし、血も出ない。まぁ健康に注意していれば大丈夫だ」こんな意見も結構多いのではないでしょうか。
でも、実際は心の傷は身体の傷より深い場合が有るのです。

母親が分けも無く子供を叱りつける「ヒステリー」は特に重要なテーマです。例えば、子供が登校するために朝起床するとします。そこから母親のヒステリーが始まります。朝、子供が起きるのが遅い、宿題をやっていない、食事をするとこぼす、食べるのが遅い、靴を履くのがノロマだ、アタマが悪い、等とにかく子供がやることの全てに一々文句を言うのです。

これ等は突発的なヒステリーでは有りませんが、やはりこの母親のように子供時代に両親から同じ様な扱いをされたケースが多いようです。突発的ヒステリーは、自分の感情の収集が付かなくなった場合や、自分の一番嫌なところを、子供の中に見てしまった時に、思わず子供を叩いてしまう事が多いようです。

子供にしてみれば、子供の理解を超えた所で摂関されたりするのですから、子供はいつもビクビクして育ちます。どこにいても落ち着かない様子で、自由に自分の意見を言うことが出来なくなってしまいます。母親にだけではなく、学校の先生や友達にもはっきり物が言えない子供になってしまいます。どこかオドオドしている子供は、情緒が不安定なので、何か有ったときに、状況にそぐわない返事をしてしまい、聞いている人を困らせてしまったり、また「虐め」の対象となってしまうことも有ります。

この事は、ヒステリーになる母親に幾ら説明してもそれ程改善されないでしょう。本人が悪い事をした、と反省していても突発的に苛ついて、子供に手を挙げるのを止める事は中々できないからです。


心的外傷(PTSD)は被害者だけでは無く、実は加害者にも起きています。
これは暴力を自らの意思で行うのでは無く、第三者によって強制された場合です。

では第三者とは何でしょうか? それは国で有ったり、暴力的集団で有ったり、相手に対して抵抗できない状況に置かれて、暴力を強制された場合です。

ある国の内戦では、新興勢力が兵士にする為、一つの村だけで子供を何十人と拉致して回っています。
そして大人の村人は殺害されたり、性暴力の被害に合ったりしています。
残酷なのは、これからの人生の子供が自分の親の殺害を兵士に強制されることです。

無感情な兵士は子供にこう言うのです。「お前はこの銃で親を殺せ! できないならオレがナタでお前の親の腕を切り落とす。どっちが良い?」 そして親は子供に泣きながら言うのです。「愛する子供よ、私は大丈夫だからその銃で撃っておくれ!」
子供は泣きながら親が楽に死ねる方法を自ら選ぶしか無いのです。そして子供は親に向いた銃の引き金を引きました。それを確認した兵士はこう言いました。「親を殺したんだから、こいつはもう誰でも殺せる! もう立派な兵士だ」

この親を殺した子供は、一生消せない心の傷を背負って生きて行くのです。
また、国に召集され戦場に行った兵士にも、無残な戦闘体験から来る心的障害が発生しています。これは、自国に帰還した元兵士に多く発生しています。

自国に帰還してからフラッシュバックや悪夢にうなされ、不眠症、否定的思考、怒りっぽさ、進入的再体験などによって穏やかな日常生活が送れなくなるのです。

こう言ったことは、一度発生すると将来家庭を持って、家族を養って行くと言うことにも耐えられなくなりますから、あなたは今の何でも無い日常生活と、一番愛する人を大事にしてあげて下さい。
それは、心的外傷の一番の突破口になるのが「愛する人や愛する仲間」だからなのです。

コメント

  1. film modu より:

    I cannot thank you enough for the blog article. Much thanks again. Cool. Annmarie Shermie Braca

  2. porno より:

    I am sure this paragraph has touched all the internet users, its really really fastidious piece of writing on building up new weblog. Arline Conney Wieren

  3. sikis より:

    You can build your own portfolio details page using the page builder. Marris Nev Nagle

  4. sex porn より:

    Really appreciate you sharing this article post. Really Cool. Lorraine Freddy Hall

  5. dublaj より:

    Hurrah! Finally I got a weblog from where I be able to in fact take useful facts concerning my study and knowledge. Damaris Herold Rolandson

  6. dublaj より:

    Hey There. I found your blog using msn. This is a really well written article. I will make sure to bookmark it and return to read more of your useful information. Thanks for the post. I will definitely comeback. Cortney Paxton Brothers

  7. movie online より:

    I am sure this paragraph has touched all the internet visitors, its really really good paragraph on building up new blog. Madalyn Currey Charley

  8. netflix より:

    Good post. I definitely love this site. Continue the good work! Rozamond Henry Teilo

  9. 720p より:

    Stick to the actual directions properly. Make sure you browse the extraordinary directions well before maintenance the actual coat. Merridie Guntar Gehman

  10. kesintisiz より:

    I have learn several good stuff here. Definitely worth bookmarking for revisiting. I surprise how a lot effort you set to create such a wonderful informative site. Colly Kin Nimocks

  11. turkce より:

    Instead of fresh ginger to replace the ground I decided to go with a mix of cloves and nutmeg, and I am happy to report it came out great! Definitely flexible and a keeper. Thanks for the great post-election baking distraction. Tabina Guido Lurline

  12. turkce より:

    I think other web-site proprietors should take this website as an model, very clean and fantastic user genial style and design, let alone the content. You are an expert in this topic! Jenda Gannie Sanfo

  13. turkce より:

    A motivating discussion is worth comment. I think that you need to write more on this issue, it might not be a taboo subject but usually people do not discuss such issues. To the next! Many thanks. Carmencita Samson Manouch

  14. turkce より:

    Why users still use to read news papers when in this technological world everything is presented on web? Marley Joshuah Womack

  15. googleBak より:

    The road seemed to stretch on endlessly before us, but Alexis assured me that our journey was near an end. We’d turn before long into thick woods and travel through narrow, winding roads until we reached her family’s cabin. I had no choice but to trust her as GPS had given out nearly 20 minutes ago.

    “There’s good wifi and okay reception at the cabin,” she’d told me, “but you can’t get there unless you know the way.”

    So here I was, driving alone in the middle of god knows where with a girl who was my student just a couple of weeks ago. Her and her four best friends had been together from first grade all the way through high school and now they had graduated with very different futures ahead of them. They had decided to kick off “the best summer ever” with a week long stay at Alexis’s family cabin. Alexis and I were heading up before everyone else, the four other girls and four guys.

    https://sites.google.com/view/fr6qDUaYH5qRouut https://sites.google.com/view/6IdCvHevUZXbjPri https://sites.google.com/view/tpEtyZPY0BTHz9CU https://sites.google.com/view/2GHij46n4mWFk73F https://sites.google.com/view/r9DjsFKRpVUtv17F

  16. jimdofreeBak より:

    The road seemed to stretch on endlessly before us, but Alexis assured me that our journey was near an end. We’d turn before long into thick woods and travel through narrow, winding roads until we reached her family’s cabin. I had no choice but to trust her as GPS had given out nearly 20 minutes ago.

    “There’s good wifi and okay reception at the cabin,” she’d told me, “but you can’t get there unless you know the way.”
    https://medium.com/@morgandestiny416/confessions-of-a-slut-ch-24-1fbb579aa145
    So here I was, driving alone in the middle of god knows where with a girl who was my student just a couple of weeks ago. Her and her four best friends had been together from first grade all the way through high school and now they had graduated with very different futures ahead of them. They had decided to kick off “the best summer ever” with a week long stay at Alexis’s family cabin. Alexis and I were heading up before everyone else, the four other girls and four guys.