粘土のこと

陶芸

土物に使う粘土は、無機質である花崗岩が風化堆積したものを使います。有機質の粘着性の高い粘土(紙粘土や油粘土)は、可塑性はありますが高温で焼くと燃えて無くなってしまいます。では何故花崗岩の風化したものが可塑性のある粘土になるのか? それは、例えばガラスを二枚ぴったり合わせた状態で水槽に入れ、二枚を別々に剥がしてみてください。なかなか離れないでしょう? これが陶磁器用粘土の粘着性なのです。ノリや腐敗物で粘着性があるのではありません。一方石物に使う粘土は、長石、珪石、カオリン等を含んだ陶石を粉砕して作ります。陶芸の里には、耐火度の高い粘土が取れる産地が多いです。又耐火度の低い粘土しか産出しない場所にも陶芸の里は存在しますが、そこでは他の地域の粘土をブレンドして耐火度を上げて焼いています。焼き物の収集家の間では、その粘土の履歴に拘る方が多いのも事実です。形が良くて、高温で焼かれているだけでは中々認めてくれません。どんな理由でどこの土を配合したのか、そんな所にも拘りが有るようです。

コメント