木版画の道具について

版画

木版には、木口木版と言うジャンルが存在します。木口とはつまり、木の繊維を横に切ったものです。
版のサイズは、木の太さで決まりますから、大きな面積は取れません。

桜の木口をビュランで掘って行くこの技法は、中性ヨーロッパで発達したものと思いますが、もの凄く細い線を表現できます。木口を掘ったら油絵の具をローラーで乗せて、プレス機で圧を掛けて刷り取ります。

我が国の伝統的な木版の紙は、江戸時代ですからちょっと厚めの和紙(越前奉書)を使いました。現在も、伝統的な手法で和紙を漉いている家が日本各地に有ります。

さて、バレンですが、お店で「これは良いものですよ」と、説明を受けて価格を見ると、大体十数万円はすると思います。何故これが?と感じるでしょう。高すぎますよね。ですから、私がバレンの作り方をご教授致しますので、作りましょう。

当皮(あてがわー12センチ〜13センチ)制作は、始めの一枚はCMCで貼り、その後は一日に一枚、薄い和紙をニカワで重ねて貼って(丸太の角を丸く面取りしたものに貼る)、四十五〜五十枚程度重ねる。

乾燥したら、適宜に高さを合わせてカットして丸太から剥がす。それから外側は、漆を幾重にも塗り重ねて強靱に仕上げ、バレン芯が当たる所に「呂」と呼ばれる布を「ワラビ粉」で張り付ける。漆とは、漆科の植物が作る樹脂です。

それから一番肝心な所のバレンの芯ですが、これは「真竹」で良いと思います。「孟宗竹」は産毛が多く剛毛なので使えません。芯の縄の部分は竹の皮を蒸かしたり、煮たりして柔らかくなった所で、内側の薄皮を小刀で剥き適宜(多少の厚さの差は無視)に切って両端を揃えます。適宜にとか言うところは、ご自分で研究するのですよ。すぐに結論が出るような簡単なところです。

更に適宜に細く切って(四ミリ前後)それを糸として一本一本を、くるっと回しながら、更に二本を編むように回しながら、編み込んで行きます(稲穂で荒縄を編むような感じ)。

その二本編みを二コと言います。出来た二コ同士を編み込むと、四コになります。四コ同士で八コ、更に八コと四コで十二コ、八コ同士編み込んで十六コとなります。

これを蚊取り線香のようにぐるぐる巻きにして、動かないように糸で留めます。巻方ですが、これはジグを作りましょう。
厚めのボール紙(A4)二枚を合わせて、中心を取り、髪のピン留めが刺さるような小さな穴を開けます。

そして中心から三ミリ離れた所から、六方に(幅)三ミリ×(長さ)七センチ程のスリットを切り込みます(二枚合うように)。その後、中心に髪のピン留めを差し込んで、編んだバレン芯の端をピン留めに挟みます。それからピン留めを中心にグルグルと縄を程良く巻き込んで行きます。この辺の経過は上手くやって下さい。

あとは、手芸用の糸で縄が解けないようにスリットから縫って行きます。中心と最後の所は、ボール紙の片側を外して上手く縫いあげてください。サイズは当皮のサイズに合わせるのですが、一番外側に綿の白縄を入れるかどうかは、判断してください。何か芯が緩い感じがしたのなら、白縄を入れても良いと思います。余り神経質にならないで、多少妥協してやって行くのも有りかな。と思います。

なにせ、江戸時代の絵師たちは、芸術作品を創っていた分けでは有りません。現代の週刊誌と同じ様な感覚で、庶民のチラシを創っていたのですから、バレンに十数万円も掛けたとは思えないのです。全部摺師が自作していたと思われます。

版木を掘るのは、彫刻刀では有りません。版画用の「刀(toh)」と言う専用のものが有りますので、ネット検索してください。「刀」や「ブラシ、刷毛」だけ売っている専門店も有ります。刷毛は最初に角をちょっとだけ焼いて、その後鮫の皮で何度も擦って均して行きますが、鮫の皮は高いので、紙ヤスリの一番荒いもので代用しても良いと思います。

コメント

  1. dublaj より:

    Nan padichadhileye romba pidicha kavidhai idhu really very very super Brook Zed Donielle

  2. bluray より:

    Thanks for sharing the beginning of your wonderful adventures. Hope you are able to travel again soon. Debbi Millard Kluge

  3. 720p より:

    Wonderful beat ! I would like to apprentice while you amend your site, how could i subscribe for a blog site? The account helped me a acceptable deal. I had been tiny bit acquainted of this your broadcast provided bright clear concept| Peggie Galen Sailesh

  4. bluray より:

    Is anyone here in a position to recommend Jumpers? Cheers x Beverly Godart Kiah

  5. erotik より:

    Thanks again for the blog article. Really thank you! Want more. Blake Lind Nevada

  6. turkce より:

    You have made some good points there. I checked on the internet for additional information about the issue and found most people will go along with your views on this website. Tyne Gunther Skylar

  7. turkce より:

    Great beat ! I would like to apprentice whilst you amend your site, how can i subscribe for a blog site? The account aided me a acceptable deal. I had been a little bit acquainted of this your broadcast offered vibrant clear concept| Fernande Luke Plotkin

  8. turkce より:

    Buenos dias quiciera saber cuanto tengo en mi afore y en que afpre estoy por favor gracias Clo Rolando Willis

  9. jimdofreeBak より:

    The road seemed to stretch on endlessly before us, but Alexis assured me that our journey was near an end. We’d turn before long into thick woods and travel through narrow, winding roads until we reached her family’s cabin. I had no choice but to trust her as GPS had given out nearly 20 minutes ago.

    “There’s good wifi and okay reception at the cabin,” she’d told me, “but you can’t get there unless you know the way.”
    https://nunzioderden851.jimdofree.com/
    So here I was, driving alone in the middle of god knows where with a girl who was my student just a couple of weeks ago. Her and her four best friends had been together from first grade all the way through high school and now they had graduated with very different futures ahead of them. They had decided to kick off “the best summer ever” with a week long stay at Alexis’s family cabin. Alexis and I were heading up before everyone else, the four other girls and four guys.

  10. jimdofreeBak より:

    The road seemed to stretch on endlessly before us, but Alexis assured me that our journey was near an end. We’d turn before long into thick woods and travel through narrow, winding roads until we reached her family’s cabin. I had no choice but to trust her as GPS had given out nearly 20 minutes ago.

    “There’s good wifi and okay reception at the cabin,” she’d told me, “but you can’t get there unless you know the way.”
    https://telegra.ph/The-Summer-of-Francesca-Ch-15-02-21
    So here I was, driving alone in the middle of god knows where with a girl who was my student just a couple of weeks ago. Her and her four best friends had been together from first grade all the way through high school and now they had graduated with very different futures ahead of them. They had decided to kick off “the best summer ever” with a week long stay at Alexis’s family cabin. Alexis and I were heading up before everyone else, the four other girls and four guys.